神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

兄が妹で妹が兄で。 第6巻

兄が妹で妹が兄で。(6) (ARIAコミックス)

・タイトル

兄が妹で妹が兄で。 第6巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
そんなことより、織田さん顔の真山くんほんとS級天使だと思う。可愛いし癒しだし可愛いし癒しだし天使です。
陽太くんと違って立ち振舞いが女の子寄りになってるからってのもあるかもしれない?

あ、治ってた陽太くんアレルギーがもしかしたら……いやいや、そこまで酷くない。序盤ほど嫌いじゃない。大丈夫、耐えられる。というか耐えろ、自分!←

真山くん(織田さん)も地味に好きかもしれないんだよなぁ~
言葉の節々が刺さるから「勉強になります!」って感じで服従したくなる気持ちも分からんでもない。

逆走した愛情はまあいいけど、こっから2年生編って、残り1.5巻ぐらいの話数なんですが……纏められる?

織田さんの「恋愛対象外」になってしまった真山くんの健気な恋が良すぎて正直そっちメインにしてほしい。
織田さんも変われそうな兆し見え隠れしてるしなぁ~

なんかもうここが最終回でいいかもってぐらい満足してしまいました。
いや、あと1巻なんで読みますけどね!

ちなみに織田さんが男の身体が合ってるのはめちゃくちゃ分かる。そっちの織田さん好きですもん。


検索で引っかかったおまけ