神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

私がモテてどうすんだ 第7巻

私がモテてどうすんだ(7) (別冊フレンドコミックス)

・タイトル

私がモテてどうすんだ 第7巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・露天の夏
・殿の祟り…?
・セカンドキス
・俺は出遅れている
別フレ50周年記念ショート

・感想
オタク特有の主語を省いて話す感じも分かるし、元ネタが歴史上のマイナー人物だと反応しがちなのもめっちゃ分かる(笑)

そうか、聖地巡礼は自腹で行かなきゃ失礼にあたるのか、深いな。
僕はアウトドア系ではないので、そこら辺は聖地巡礼というのはしたことないのですが、勉強になりました。φ(..)

武将をモチーフにしたゲーム、漫画・アニメ、ドラマ、映画は数多くあり、それに伴い、それぞれのオタクがいて、聖地巡礼するとこまではいいんですが、BLに限らず、絵馬にそういうオタク的な内容を書いてかけるのは如何なものか?とは少し思います。
そこはマナーじゃない?

夏ではないのに夏らしいホラー回。
積年の怨念のわりに、素直な怨霊でした。
そういうこともあるのなら、歴史をモチーフにした作品もある意味では供養になっているのかも。

個人的な推しキャラはななこと七島くんで、途中から脳内CVは鈴木達央さんなんですけど、ドラマCD版の担当声優はたっつん先輩でした。
ほら!やっぱり一昔前の世代のオタクにとってのこういうキャラはCV鈴木達央なんですよw

ナナ回よかったですね!いいお兄ちゃん感も焦りもらしさも全開って感じで。
って無理やり閉めようとしてるけど、次巻に続く波乱を巻き起こしたところもナナっぽいよなぁ~(笑)


関連商品

検索で引っかかったおまけ