神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

修羅の門 第5巻

修羅の門(5) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

修羅の門 第5巻

・点数 96点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・本の概要
陸奥への挑戦状
・獣!!
・拳くだけでも
・シュートボクサーとして‥‥

・感想
シュートボクシングの羽山さん。
獣か~、陸奥くんも同族だからあれだけど、調子に乗って受けてたら一撃目で致命傷食らうってことね?

異種格闘技戦ではなくただの喧嘩……なるほどね。
別に嫌いではないよ?

野生の本能が働く「獣」という意味では陸奥くんもそうだよなぁ~
後はお互いがどういう獣なのか……が分かれ目ですかね?

いやー、羽山さん格好いいなぁ~
これはマジで推せる。

勝負はついたのに止めを刺す理由、それは獅子だから。
その理屈には納得出来るし、賛同も出来る。
特殊な世界の考え方ではあるけれど。


関連商品

検索で引っかかったおまけ

修羅の門

修羅の門

  • 小沢仁志
Amazon