神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

FINAL FANTASY零式外伝 氷剣の死神 第4巻

FINAL FANTASY零式外伝 氷剣の死神 4巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

・タイトル

FINAL FANTASY零式外伝 氷剣の死神 第4巻

・点数 100点+++

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐⭐⭐

・本の概要
・氷剣の死神
・もう一人の英雄
・裏切り
・届かぬ想い
・堕ちた英雄

・感想
英雄と評されようが、

人に死を与えることは出来ても人を救うことは出来ない死神だ

という評価は一理ある。
だから永遠に死神ってのも間違ってはいない……とは思う。

うん…やっぱり哀しいね、助けたかった想いも、辛い気持ちも自責の念も、感謝の気持ちも最期の言葉も…涙の理由も全部全部忘れてしまうのはやっぱり辛いです。
世界のルールでクラサメさんが忘れちゃうなら、僕が代わりに受け止めて泣きます。

そして、「本当に好きだった」、「私も好きだった」という死ではないお別れもなんだか切ない。
これから進む道が違いすぎるから……っていうのなら何故出会ったのだろう?
運命の皮肉ってやつかな?

そしてそして、ナレーションベースの語りも過去形になっているのがすごく哀しい。
この巻始まってからずっと哀しい。
楽しそうな平穏が挟まれてることすらも……。

さて、ようやく名前が出てきた白虎。
あぁ……哀しみはクライマックスまで続くのだろうか?

白虎の英雄「モルス」
味方を躊躇わずに斬れる狂人と凶刃。
動きはちょっと進撃のそれを彷彿とさせます。
二刀流ですし?

氷剣の死神も格好いいけど、白銀の豺虎も格好いい!!✨

英雄は人を都合よく、体よく動かす為の欺瞞でしかないというのは凄く分かる。
これは、「天才」とかそういう類いの言葉にも言えることだけど。

狂戦士じみたモルスさんは凄く好きだし、青臭いクラサメさんも好き。

そして、四天王の一角が裏切ったことにより、先の「英雄なんて都合のいい~」が改めて強調されました。
人間ってほんと勝手だよね。

あら?ナギじゃん!子供ナギくんだ!
可愛いw

怒るという行為は人のためってのはね、分かりますよね。
怒るのってエネルギーかなりいりますもん。

モルスさんはまあ、狂ってる時点でお察しなんですが、そういう倒し方なのね?
逆に完膚なきまで叩きのめされてる気がします。
的確に壊す辺り、さすが氷剣の死神。


関連商品

検索で引っかかったおまけ

おまけ