神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

センゴク天正記 第4巻

センゴク天正記(4) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク天正記 第4巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・逆さ魚鱗
・山県隊突撃
・真田の本懐
・鉄砲戦術
・大殿の行方
・仙石真田激突
・治左衛門の願い
・ハタボコ
・一斉射撃
・敵なし源四郎

・感想
武田の騎馬隊vs徳川鉄砲隊の戦い痺れるなぁ~
言ってしまえばタイミング勝負みたいなとこありますよね。

真田信綱さんカッケェ。

大将落馬って本来ならピンチだけど、仙石さんは逆境にこそ輝く?ってね!

真田にとって無傷の勝利は勝利に非ず。
だね、だから信繁さんはああいう伝説が残った訳だもんね?

にしても、真田家は出たら活躍しますよね、ほんと好きです。

糠って普通に書かれたら読めないかも。
後ろに喜び付いてるからぬか喜びって分かるけど。まあ、そもそもフリガナ付けてくれるので読めないワケがないのですがw
糠…ぬか漬けもこれらしいから読める人は多いか、料理とかしないからなぁ~

前作含めて、ここまでの作中で最も迫力が戦の描写な気がする。
さすが織田・徳川連合vs武田だなって思います。

山県さん地味に格好いいんだよなぁ~
勝頼さんも格好いい。

この巻は地味~に響きました。


検索で引っかかったおまけ