神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

センゴク天正記 第3巻

センゴク天正記(3) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク天正記 第3巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・権兵衛今浜へ
・光秀と秀吉
・鉄砲殲滅戦
・根来の一族
・進軍開始
長篠城
・信玄を継ぐ者
織田家の両翼
・蔦ヶ巣山
・設楽ヶ原布陣

・感想
明智さんの顔が般若的な能面風に見える。
そんな迫力がある。
臣下に嫌われ、大殿に愛される裏切りと密会のスペシャリストねぇ~
実際のところはどうなんやろか?時代の悪役に仕立てられることも多い訳だけれど。

気まぐれに見えてそうでもない。
懐いてないようで案外?
初期の籐吉郎さんと権兵衛の関係と仙石さんと粗葉粕くんは似てるかもね?
そういえば雇用理由もある意味似てるよなぁ~
既視感ってやつ?

粗葉粕くん、最初に予想した正体とは全然ちがった(笑)

この件だけ見たらどっちかって言うと秀吉さんが裏切っても致し方ないぐらいの扱いの差受けてるけど、やっぱ成り上がる為には堪え忍ぶのが一番なのかなー

徳川さんがなんか立派になっておられる⁉️
三河のヤンキー卒業したみたいですね!
ギラギラ感ではなく、高貴な威圧感みたいな感じ。

なんかの大河ドラマで勝頼さんは親父より優秀かも?みたいな演出あったようななかったような感じですが、少なくとも大きく衰えはしないのでしょうね、多分。

お、真田兄弟だ!
有名な兄弟のほうではなく、親父殿のお兄様二人ですね!


検索で引っかかったおまけ