神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

センゴク 第3巻

センゴク(3) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク 第3巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・六条合戦
・六条合戦始末
・越前進軍
金ヶ崎城陥落
・殿軍決定
・生きる理由
・激闘
・久蔵
・地獄

・感想
十兵衛……明智光秀いよいよ参戦。

そして、権兵衛は心身共に伸び盛りな17歳に!

あ、浅井さんは美形じゃないんだね?
剛力で弟感あって可愛いけど。

自分が最善の努力をしただけでは役に立ったとは言わない。仕事をしてる気になってるだけ。そういうのは頑張ったとは言わない。

キツいなぁ~信長様。これは堪えるぜ……。言わんとすることは分かるけど。

お市さん妖艶……これは魔王の妹感ありますわ。

もしかして、浅井裏切りと小早川裏切りって似た雰囲気ある?
そう感じました。

忠義に厚い武士程、精神的揺さぶりに弱い?

殿って嫌な役割だよね、殿(との)と殿(しんがり)って読み方で全然違う意味になりますね?

堀久太郎さんもなかなかに大胆な奇策する人だなぁ~

信長様の命令で殿を、死に役を任された木下部隊に続々と入る強力な助っ人すげぇ……。
柴田さんの贈り物も熱い。

権兵衛さんは伏兵向いてないね、五月蝿い(笑)
ただし、囮には向いているから隊としての作戦遂行は可能……と。
補い合うのがチームだからね!

木下殿部隊、戦死者増えて悲しいけど、地味に逃走者も多くて複雑な気分になりました。

地獄において規律は必要。処罰も……
しかし、地獄にも仏?

ただし、油断は禁物、それが戦だ。


検索で引っかかったおまけ

[asin:B01KZCBGXC:detail]