神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

束の間の一花 第3巻

束の間の一花(3) (パルシィコミックス)

・タイトル

束の間の一花 第3巻

点数 100点++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ⭐☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・感想
生きることの意味か~、難しいな。

死に向き合った時、哲学も勉強も意味がなかったことを知ったっていうのは深いけれど、やはり難しい。

死に向き合う者と周りの者、意識の差が如実に出てて、それに気付くのは……ってことか、これは辛いです。

「成仏しろ~」
って優しさと茶目っ気で言ってくれてるのは分かるけど、これも病気知らないからで、この子は後から自分を責める可能性がある……っていう穿った見方をしてしまった。

なるほど、こういう終わり方か~
弟くん、幸せになってほしいな。


検索に引っかったおまけ