神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ミッシングID

ミッシングID コレクターズ・エディション [DVD]

・タイトル

ミッシングID

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆
演出☆☆☆☆
視覚的面白さ⭐⭐⭐☆☆
聴覚的面白さ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
最初はパリピっぽい若者のお祭り騒ぎから始まりますが、わりと早めに雰囲気が変わります。

厳しい家庭ルール?というか鉄拳制裁?
しつけがボクシング的な感じでちょっと血が騒ぎました。

キック開放した時のアクションがめちゃくちゃ格好良かったです。
そのアクションシーンとセリフで作品の展開がおおよそ読めた気もします。

怒りがコントロール出来ない、心理カウンセリング、少年裁判?
何気ないところでピースは転がってるように感じます。

事の発端となるのが学校の社会科の課題。
男女ペアでネットで調べものをして提出するというものでした。
話は一回逸れますが、ロミオとジュリエットのペアは完全に名前で決めてるでしょ、先生(笑)

アメリカには年間数千規模の子供の失踪者がいる?
その中にネイサン(主人公)似の子供が?

これがきっかけで、高校生のネイサンはやや疑心暗鬼に?
母親を問い詰め、真相に近付くも……。

向かいに住んでて幼馴染みでありながらもやや気まずい関係且つお互い意識しまくりのカレンさんを巻き込み、追手からの逃走劇スタート。

個人がやってる掲示板のフォーラムに送ったメッセージがきっかけで位置情報を割り出されてPCのカメラ追跡されるってのは怖いですよね、カメラとかスマホにも絶対付いてるからなぁ~
ご時世的なこともあるけど、バカの一つ覚えみたいで何でもリモートリモートって言ってくる人にちょっと見てほしいあの場面。
腕利きのハッカーの怖さ舐めないでほしいですよね、重要書類はweb経由じゃなくて直接やり取りしたほうが安全に決まってるのに。
いや、盗聴とかあるから決まってもないか。

そして仕掛けられた爆弾と爆発のシーンが圧巻。
自宅にプールなかったらゲームオーバーでしたね。

狙われてる当事者のネイサンと巻き込まれたヒロインのカレンさんの逃走劇付近からジャンルの通りのサスペンスアクション映画って感じがしてきました。

普通の高校生活を送っていたネイサンを守る為に死んでいく大人達。
ネイサンを狙って躊躇いなく命を奪える者達。
何故、彼は狙われなければならないのか?

敵味方の判別が付きづらく、信用出来るのはお互いだけ。という状況に追い込まれながら愛の逃走劇を繰り広げるネイサンとカレンさんは吊り橋効果なのか、それとも再燃した初恋の真の姿なのか……とりあえずキスシーンがちょっとエロい。いや、そんないやらしくやってないんですけど、描かれてない空白の中学生時代が想像出来るぐらいのキスシーンなんですよね、さすがの一言でした。

逃走劇、戦闘アクション、カーアクション、ネイサンの壁キックや高所からのスライディング下り等、アクション面にもかなり力が入っていたので見てて楽しかったです。

それだけではなく、物語終盤の徐々にピースが繋がってネイサンが本当の愛や絆を知って成長していく姿も良かったです。
怒りを抑えきれない子供じゃないんだぞ。ってところを見せ付ける列車アクションも素晴らしかったです。

最後になりますが、カレンさんは可憐でした。
例え変な空気になろうと、これは言いたかった。


関連商品

検索で引っ掛かったおまけ