神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

バクマン。 第9巻

バクマン。 モノクロ版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

バクマン。 第9巻

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・本の概要
・才能とプライド
・文句と一喝
・縁と星
・同級生と闘争心
・新居と新連載
・決めギャグとメッセージ
・大好きと否定
・やめるとやめない
・わがままとアドバイス

・感想
岩瀬さん、捩れてるし、歪んでるけど、本当に秋人のこと好きなんだろうなぁ~

未来のジャンプの為の起爆剤…というより、亜城木夢叶を中心とさせると結果的に福田組が爆発してジャンプのプラスになるって話ですよね、今回は福田さんは蚊帳の外だけど、あの人も間違いなく燃える性格してると思う。

ほんと似てるね、青木さんと岩瀬さん(笑)

そして、色々踏まえてあえて煽る新妻師匠好きだ!

いやー、世間は狭いね、狭いどころの話じゃないね、狭すぎだった。

親の心、子知らず…じゃないけど、秋人も結構ガキっぽいね、頭いいくせに短絡的だ。
いや、岩瀬さんもそうだけど、勉強出来るし、作家向きのとんでもない知性を持ってるけど、人の気持ちとか心はあんまり分かってないタイプだかららしいと言えばらしいのか。

個人的にはCV子安さんの吉田氏が「やれやれだぜ」って言ってたのテンション上がりました。

ジャンプを隅々まで読んでるはずの新妻くんがもうタントを読んでない…ということは?
ギャグ漫画としてそれなりに評価されていようが、子供人気を集める貴重な作品だろうが、亜城木夢叶っぽくないから読むに値しない?

いいともって懐かしいっていうのと、テレビの生放送でのライバル宣言にかなりテンション上がりました。
それを受けて最高は……

いやまあ…男として気持ちは分からんでもない。
分からんでもないが、それ、今やる?今言う?ってぐらい最悪のタイミングだと思うよ、真城くん。

んー、やっぱ嫌いですね、真城最高
思い上がりもいいとこだ。
才能って芽であって、花ではないんですよね、君らはまだ蕾くらいの気持ちでいたほうがいい。


関連商品

バクマン。 9 (集英社文庫―コミック版)

バクマン。 9 (集英社文庫―コミック版)

  • 作者:小畑 健
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 文庫

検索で引っ掛かったおまけ