神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

人狼ゲーム PRISON BREAK

人狼ゲーム プリズン・ブレイク

・タイトル

人狼ゲーム PRISON BREAK

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
演出☆☆☆☆☆
視覚的面白さ☆☆☆☆
聴覚的面白さ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・評価
シリーズ初の「狂人」役職が登場し、狂人が主人公です。
ゲーム上の陣営的には村人であるため、人狼に襲撃されて殺される可能性もあり、しかし、生き残る為には人狼側の勝利が必要という特殊な役職なので、主人公に置くとそれはそれは面白……え、脱出?
人狼ゲーム初の脱出を目指す主人公であり、それはある意味では陣営を越えた絆と協力が試される?

大金のかかった命懸けのデスゲームとそこからの脱出は鉄板中の鉄板であり、シリーズの中でも他シリーズとは少し違う毛色の作品になっていて面白い試みだと思いました。


以下、商品リンクを挟んで、あらすじと内容に触れた個人的に感じた感想を書いています。
ネタバレが気になる方はご注意下さい。


人狼ゲーム プリズン・ブレイク
人狼ゲーム PRISON BREAK(竹書房文庫)


・あらすじ

小学三年生の相馬葵は帰り道ずぶ濡れになりながら帰っていた。
足取りはおぼつかなく、爪を噛みながら歩く彼はいじめにあっていた。
その後ろを一人の女の子が隠れながらついてきていた。
乾朱莉が目覚めると、女の子が泣きながら叫んでいた。
彼女の名前は土屋みずき。
泣き叫んでいた理由は、拉致・監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生還すれば1億円がもらえる人狼ゲームのことをよく知っていたから。

話を聞いていると、突然テレビがついて人狼ゲームのルールが言い渡される。
今回集められた12人のうち9人は村人で、人狼が3人まぎれこんでいる。
村人側には予言者1人、霊媒師1人、用心棒1人、共有者2人。
そして、狂人が1人。
狂人は村人でありながら人狼が勝った時に自らも勝利となる特殊役職。
ゲームがスタートし、1人また1人と人が死んでいくゲームの中で、朱莉は死のゲームからの脱出を考え続ける。
その時、ついに監視カメラの死角と首輪を外すためのヤスリを見つけ出す。

果たして彼女はこの人狼ゲームから脱出することができるのだろうか……。


・感想
基本ルールは3作目と同じです。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

狐の代わりに狂人がいて、狂人が主人公です。

顔見知りは少ないけど幼馴染みや兄弟はいます。
過去作のいいところを活かした設定とも言えます。

リアル人狼ゲームの世界では正義感や倫理観は意味を成さない。

予言者が1人しか名乗り出ないケースも初めてですね。

そして、シリーズで初めてこのリアル人狼ゲームというものを観ている監視カメラの向こう側にちゃんと触れた作品でした。
監視カメラの死角とか面白かったですね!

久々に人狼が分からないスタイルでした。
人狼ゲーム慣れしてれば一人はソッコー分かるとは思いますが、残り二名はすぐには分からない造りでした。

ただ、クレイジーフォックスメンバーとブリズンブレイクメンバーで戦ったらクレイジーフォックス圧勝しそうだなってぐらい差は感じました。
ちょっとおバカちゃんが多かったかな。

今回のお気に入りキャラクター、推しキャラとお芝居がよかった役者さんは奇しくも同じでした。
丸山兄弟。金子大地さん、篠田諒さん。
兄弟設定も活かしつつ、それぞれの個性も出す。それが出来てて素晴らしかったです。

金子さんは近年の作品でヘタレ、優しいイメージがあったので普通に上手いなって思いました。

特撮ファンとしては小島梨里杏さんと岡本夏美さんにも触れたいところですが、溶け込みすぎて顔可愛いな。ぐらいの印象しか……
梨里杏さんは主役なので見せ場はありますが、歴代主人公と比べればやはり印象が薄い。

狂人であるがゆえなのか、表向き目立った行動はしないのに最終局面で守られる意味とか繋がった時はなんか気持ちよかったです。

タイトルから察する方もいるかもしれませんが、役職を越えた関係性を貫く為にルールを破ろうとする文字通りの狂人。

果たしてプリズンブレイクは許されるのか……そこが見所でもあると思います。

タイトル通りなんだけど、狂人主人公で何かを期待してるならそういう意味では期待には応えない作品です。

こんな結末もあるのか。
と、興味深い演出をしてきた人狼ゲームでした。



関連商品


おまけ
(主要キャストの代表作)
小島梨里杏さん


渡辺佑太朗さん


山谷花純さん


清水尚弥さん


岡本夏美さん


花影香音さん


篠田諒さん


金子大地さん


濱正悟さん


おまけ2



検索で引っかかったおまけ

ニューゲームズオーダー コヨーテ 日本語版

ニューゲームズオーダー コヨーテ 日本語版

  • ニューゲームズオーダー(New Games Order)
Amazon