神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

トクサツガガガ(ドラマ)

トクサツガガガ Blu-ray BOX

・タイトル

トクサツガガガ

・点数 100点+

ストーリー☆☆☆☆
演出⭐⭐☆☆☆
視覚的面白さ⭐☆☆☆☆
聴覚的面白さ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
いい歳をして子供向けの特撮番組離れが出来ない大人を「特撮オタク」と呼ぶ。
まあ、普通にそうですよね、アニメやアイドルと同じで、熱狂して推しに時間やお金を注ぎ込むのだからオタクです。

そんな特撮を愛して止まない1人のOLが主人公のお話で、ナレーション・主人公の思い入れのある特撮作品の主人公の声が鈴村さんなのはポイント高い。←鈴村さんファン

他にも稲田さんや関智さんの扱いの上手さや、作中の特撮シーンの気合いの入り方からして特撮ファンも満足のいいシーンが多いです。

後は小芝風花ちゃんが可愛い、寺田心くん圧巻の演技力でクールさと子供らしさを見事に演じ分けている……え、心くんこの時何歳よ?脱帽ですわ……。

褒めまくるわりにストーリーと熱中度がやや減点なのは、主人公ちゃんの性格や考え方が合わないからですね、隠れてないオープンオタクからしたら隠れる気持ち分かんないし、恥ずかしくないし、好きなものを否定されるのは辛いっていうけど自分は推し以外のモノを理解しようとしてるんですか?って思ったし、人を見た目で判断して軽く人権無視してそうな節もあったし、親への態度とかそういうのも含めて合わないなって思うところが多くありました。
あ、あと子供を若干バカにしてる節もありましたよね、嫌いでした。

ただまあ、OLとしての能力や職場での人柄は擬態状態なので高く、慕われていたりが特撮から学んだことを実践したり、オブラートに包んで伝える能力の高さは凄いです。
仲間を見つけ出し、アピールをして仲良くなるコミュ力の高さも流石の一言。
オタクだけど陰キャ感は薄いので、パッと見は1軍っぽい。

というか、小芝風花ちゃんと倉科カナさんクラスなら特撮好きぐらいじゃ引かれない気がする(笑)

それはそれとして、不満点も多かったですが、彼女の学習能力と特撮愛は本物なので、1つ1つ向き合って解決していく成長物語の面もあります。
後は小学生との奇妙な友情もあります。

最終的な友達の幅広さや、滲み出る姉御感からして擬態してなくても素質は余裕で1軍レベルな気がします。

そんなに多くない話数ながら、スカッとする展開やハッとさせられる部分も多く、人への気遣いを忘れそうな現代人は見たほうがいいかもしれません。

大人になってから必要な能力は全て子供の頃に特撮から学んでるというのはそうかもしれません。

総合的にいいドラマでした。
見てよかった作品です。


関連商品