神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ダイヤのA 第7巻

ダイヤのA(7) (講談社コミックス)

・タイトル

ダイヤのA 第7巻

・本の概要
・試練
・クリス直伝
・飄々と
・反省会
・因縁の相手
・狂い出した歯車

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
読みながら絶句した衝撃的なシーン(ネタバレになるのでこの巻のレビューにおいては詳細は伏せます)が印象的でした。

流れとしてはこんな感じです。
強豪 大阪桐生を相手に大量失点をする降谷。
それでも女房役の御幸は焦ることなく飄々と、そして堂々としていて……

一方の沢村もこれまでのようにクセ球だけで簡単に……という訳にもいかない強力打線と対峙する。
ここが正念場の最終試験……越えられるか?
沢村が青道を選んだ理由、「あの人のミットに投げ込みたい」のあの人こと御幸との入学後初のバッテリー、認めてもらいたいがために投げ込む……

いやー、ほんと降谷くん、沢村くんは2人とも最高です。好きです。
絶対に誰にもマウンドを譲りたくないエースの素質を持つ降谷くんと、自分が投げたい事以上に仲間(ライバル)が打たれることも嫌で、自分のことのように悔しがれるエースの資格のある沢村くん。

なんかもう2人の成長と対決と奇妙な絆をひたすらずっと眺めてたいw
尊い……

あ、そういえば稲実初登場ですね、地味に。


コミック

ダイヤのA(7) (講談社コミックス)

ダイヤのA(7) (講談社コミックス)

  • 作者:寺嶋 裕二
  • 発売日: 2007/09/14
  • メディア: コミック
電子書籍