神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

神の雫 第13巻

神の雫(13) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第13巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟🌟☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・二人の天才はワインの幻の中で
・仲間からの大いなる手助け
・立ち昇る気泡の向こう側に
・必然のシャンパーニュ
・燃えさかる炎は魔法のように
歓喜のマタドールとともに
・祝杯の泉は蝶に舞って
・初恋の人に似し君は
・懐かしき面影を追って
・秘密めいた後ろ髪にそっと

・感想
雫との競演で影響を受けたのはローランのほうだったか…

ミヒちゃんが一番可愛いから僕なら迷わずに選びますけどね!ぽっと出とか関係ない!

視覚的イメージにとらわれずに考えてみてほしい……なるほど、そういうことか。
分かっててのメッセージだとしたらやはり数枚上手って感じしますね。

今の一青さんは雫くんをきちんとライバルとして認定しているんだろうなぁ~

雫くん本当に女心分かってないなぁ~
ミヒちゃんが可哀想だろ!
まあ、ちょっと拗ねてるミヒちゃんも可愛いんですけどね!!

キムチの赤を炎に例えるのオシャレ。

闘牛の例えで大体分かりました、なるほどね。
赤ワインはとことん血のイメージで行くのね?

そして、血の繋がりはそのまんま神咲家を意味する…と。

大事なのは国同士の付き合いじゃなくて人同士の付き合いってのはほんとその通りですよね、それが一番大事。

競演した後の対決…それこそが宿命……か、なるほど。

偶然なのか、必然なのか、またも向かう場所が同じとは……まさに宿命。


神の雫 限定版(13) (プレミアムKC)

神の雫 限定版(13) (プレミアムKC)

関連商品

検索で引っ掛かったおまけ

わたしは灰猫 (扶桑社BOOKS)

わたしは灰猫 (扶桑社BOOKS)

アイヌ神謡集 (岩波文庫)

アイヌ神謡集 (岩波文庫)

  • 発売日: 1978/08/16
  • メディア: 文庫
天使になった大統領4

天使になった大統領4

  • 作者:坂の上零
  • 発売日: 2017/12/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
39 刑法第三十九条

39 刑法第三十九条

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: Prime Video
オーシャンズ11 (吹替版)

オーシャンズ11 (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video