神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

神の雫 第7巻

神の雫(7) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第7巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ🌟☆☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・甘くはないギフト
ボルドー左岸の宝探し
・あれから二人、違う時間で
・一流の証明
・時を駆ける天馬
・友とワインと焼き鳥と
・在りし日からの訪問客
・セピアに色褪せて、なお美しく
・微笑みはミステリアス
ダ・ヴィンチとの邂逅

・感想
うーん……薄々分かってたけど、原作の雫くんの性格嫌いですね。

高杉くん…というよりみやびちゃんに興味がないのでここの部分はやや退屈。
ただ、高杉くんの過去は気になる。

高杉くんの考え方も別に間違いではないと思います。
ある意味真理ですし。立場が変わればってやつですね。

僕の個人的な考えとしてはブランドが全てではないって考えですが、プロデューサーの立場ならそう考えても仕方ないかもしれないって感じします。

素人でも知ってる高級品を集めるのと、無名ながら1級品レベルのワイン……結果としてどっちが売れるかは分からないですもんね、実際。

「哀しみよ、さようなら」
うん、いい話だったよ、高杉くん。

雫くんと高杉くんの関係性もいいよなぁ~
高杉くんはこれからもっと成長すると思う。
雫くんは本人より周りを成長させる存在なのかなーと思います。

ベールに包まれた藤枝さんのがついに明らかに⁉

第2の使徒探しスタート!
モナ・リザ、2つの絵の女……確かにミステリーっぽい謎かけだ。

そして、本気の一青さんが読めない。常人には理解出来ない世界だ。


関連商品

検索で引っ掛かったおまけ

自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組

自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組

  • 作者:小峰 一雄
  • 発売日: 2018/11/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
エセー 5

エセー 5