神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

神の雫 第11巻

神の雫(11) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第11巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 68点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ🌟☆☆☆☆
テンポ☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・戸惑いの夜も、確信の朝も
・迷路の前で退路を断つ覚悟を
・老木へと続く遥かなる道を往け
・ワインを愛した芸術家ほどのまどろみ
・大切に隠された葡萄の香り
・両手いっぱいの愛に囲まれて
・夜の遊園地で出会う幻影
・遅れて知る真実の苦さ

・感想
煽った挙げ句のそれはダサいぞ、雫くん。君、そういうとこあるよね。
そしてこれは一青さんにも言える。
傲るなよ、これはそういう勝負のはずだろ?

一青さんにとっては初めての挫折なのかも?
後遺症残ってるものね。

評論家が語る権利を放棄するほどの感動がそこにあったということなのかな?
一青が至った境地が気になる。