神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

神の雫 第12巻

神の雫(12) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第12巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・孤独の背後に悪意は芽生え
・そこに仕掛けられた罠に
・壊れたワインは信頼の中で
・さよならは誤解のままに
・遅すぎた偶然に乾杯を
・新たな挑戦は海を越えて
・どこか噛み合わない関係
・残されし者の悲しみを
・名前を失くしたボトル
・芳香のシンクロニシティ

・感想
ローランを陥れようと画策する女達?
それが遠峰一青を追い詰める⁉

見事な逆転劇。さすが天才。
年を重ねるとなかなか頭を下げれないってのはありますよね、立場とかありますし、そう単純にもいかない大人の事情的な。

勘違いとすれ違いで終わってほしくないから追い付いてほしい。
頑張れイッセー!

遅刻のくだり結構好きです。

血が似合う、生き血のイメージねぇ…なるほど、見ててイラつくワケだ。

エコノミーとファースト…雫と一青に対する皮肉?対比?

それぞれが仕事で韓国来てるのに相手もいるなんて普通思わないよなぁ~

雫とローランがまさかの競演。
一青の演説中にってのがどことなく某ロボットアニメ感あるかも?


関連商品

検索で引っ掛かったおまけ

自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組

自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組

  • 作者:小峰 一雄
  • 発売日: 2018/11/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)4 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)4 (GA文庫)