神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ザ・ファブル 第1巻

ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)

・タイトル

ザ・ファブル 第1巻

・本の概要
・お引っ越し
・佐藤兄弟
・組長と若頭
・新居にて
・屋上のスナイパー
・ジャッカル
・チャンピオン
・素晴らしい夜

・著者情報
南勝久(みなみ かつひさ)
生年月日 1971年5月30日
出身地 大阪府岸和田市
職業 漫画家

中学校を卒業後、配管工や木工所勤務など多くの職を経て、1999年に『ナニワトモアレ』で0第41回ちばてつや賞準大賞を受賞し、漫画家デビュー。

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
殺し屋稼業の話ではあるんですが、若干異色。
殺しの天才が一般人に紛れることが出来るのか⁉という観点から楽しむ漫画のようです。

今年は派手に動きすぎたなら1年間休業して一般人に紛れるよう言い渡されましたが、染み付いた癖はそう簡単に抜けないですよねー、そりゃそうだ。

あと、相棒の人が闇社会に入るきっかけが幼い頃に両親を失い、何故かボスが引き取って育ててくれたってのは後々意味が出てきそうですね、これで死に設定なら笑う。

休業期間にかくまってもらう真黒組。
ファブルの危険性を比喩で鮫や鯱と表現してましたが……鮪、魚繋がり?

問題起こしちゃ不味いのにキックボクシングの西日本チャンピオン?まで持ち出されて喧嘩売られてるのは若干可哀想な気がしなくもない。
負けるとかではなく、スイッチ入ってまうんや……あ、大丈夫でした(笑)
にしてもこの格闘のうんちく語りは間違いない……V6の岡田さんだ。


コミック

ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:南 勝久
  • 発売日: 2015/03/06
  • メディア: コミック
電子書籍

コミックセット

ザ・ファブル 1-21巻 新品セット

ザ・ファブル 1-21巻 新品セット