神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

タッチ 第1巻

タッチ (1) (小学館文庫)

・タイトル

タッチ 文庫版 第1巻

・著者情報
あだち充(あだち みつる)
生年月日 1951年2月9日
群馬県伊勢崎市出身の男性漫画家。
群馬県立前橋商業高等学校卒。
血液型はAB型。

代表作
『タッチ』
『みゆき』
『H2』
クロスゲーム

受賞歴
第28回小学館漫画賞少年少女部門
(『みゆき』『タッチ』)
第54回小学館漫画賞少年向け部門
(『クロスゲーム』)

少年時代は野球部に所属。
ポジションはピッチャー。

その一方で、兄(あだち勉)と共に貸本漫画の読者投稿コーナーの常連でもあり、『群馬の天才兄弟』として知られた。

高校在学中に『COM』の新人賞で「虫と少年」が佳作2位に選ばれ、以後『COM』の読者コーナーにしばしば掲載されるようになる。

高校卒業後は公務員になる予定だったが、一足先に漫画家になっていた兄に誘われて上京し、アシスタントを経て、1970年に『デラックス少年サンデー』にて「消えた爆音」でデビュー。

以降しばらくは漫画原作者と連名で作品を発表し、当時のブームだった劇画調の少年漫画を執筆。
ヒットには恵まれず、幼年誌でのコミカライズや少女誌などに活躍の場を移し、それにつれソフトタッチな作風に変化。

1978年、再び少年誌に戻り、高校野球を題材にした『ナイン』を発表。

少女漫画の雰囲気を少年漫画に持ち込んだこの作品が高い評価を得る。
『みゆき』、『タッチ』が大ヒットし、ラブコメ漫画の代表的作家として『週刊少年サンデー』を牽引し、人気漫画家としての地位を確立。

1982年、上記2作で第28回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。

以降も『週刊少年サンデー』で主に野球漫画を執筆し、コミックスの発行部数は、1990年4月に『スローステップ』第5巻にて累計1億部を達成し、2008年5月に『クロスゲーム』第12巻にて単行本のみの累計で小学館連載作家として初めて2億部を突破。

2009年、『クロスゲーム』で第54回(平成20年度)小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2009年頃より主な活躍の場を月刊誌である『ゲッサン』に移す。

作風
作中にしばしばあだち自身が登場し、平然と作品に対する弁解や宣伝を行なうのもあだち作品の特徴の1つ。

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・タッちゃんとカッちゃん
・あふれる才能
・エースはやっぱり和也
・女の直感
・南の推薦
・バトンタッチ
・南の大サービス
・名犬パンチ
・ウワサはただのウワサ
指名打者、達也

・感想

頭脳明晰、スポーツ万能、みんなの人気者の弟の和也と、良いところは全て弟に持っていかれた出がらしと揶揄される兄の達也、そして2人の幼なじみの浅倉南の3人が織り成す青春ストーリーです。

ぶっちゃけ中等部編しか出番ないけど、篠塚かおりちゃん可愛い。

そして、作中の人気の女子を決める投票においてかおりちゃんと南ちゃんが票を争う中、96票を獲得した3位の子めっちゃ気になる!!

あとはなんかいろいろあります←
タッちゃんの才能の片鱗とか兄弟対決とかetc.

個人的な注目ポイントは恐らく初めからタッちゃんが好きであろう南ちゃんの一挙一動とたっちゃんが聞いてると頭が痛くなると言っていたカッちゃんのレコード……ですかね、やっぱり。


コミック

タッチ (1) (小学館文庫)

タッチ (1) (小学館文庫)

電子書籍コミックセット