神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

ひぐらしのなく頃に解 目明し編

[まとめ買い] ひぐらしのなく頃に解 目明し編(デジタル版ガンガンウイングコミックス)

・タイトル

ひぐらしのなく頃に解 目明し編

・本の概要
悲劇のきっかけは些細なこと?ついにその謎が明かされる!
北条悟史との出会いが園崎詩音の運命を変える。

園崎詩音の視点で見ることで、綿流し編の謎が明かされる仕組みになっています。
が、2つの世界はあくまでも別世界というのも特徴の1つ?

原作のサブタイトルは「~最愛の殺人鬼~」

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
この先はネタバレがあるのでご注意下さい。
そして、ドラマ「あなたの番です」との照らし合わせも入りますのでそちらのほうもご了承下さいm(__)m


概要にも書きましたが、目明かし編は綿流し編の謎に対する解答編なのですが、別の世界です。

目明し編のストーリー的最大の特徴としては、詩音視点の2部構成ですね、回想として過去をちょこっとではなく、細かく丁寧に昭和57年の詩音と悟史の物語(1部)と本編と共通の時間軸である昭和58年(2部)に分けられていて分かりやすく、比較的感情移入もしやすい造りになっていると感じました。

作品のテーマは2つ。
「社会と人」もうひとつは自主規制しますが、「◯人の意味」です。
ヌルフフフ的な奇妙な笑い方をする超生物のあだ名の頭文字をはめて読み方を合わせれば2つめのテーマです。

テーマ故の残虐性は結構キツいです。
方條さんの画力と合わさってそういうシーンが脳裏に焼き付く可能性があるので苦手な方はやめておいたほうがいいかもです。

「あなたの番です」との共通点はズバリ、最愛の人を失った哀しみ、そして怒りから来る暴走、復讐心ですね。

悟史の失踪を知り、自分なりの推理をまとめたノートをつけ始めた詩音。
そして明かされる事件の真相。
止まらない愛と復讐心。

ここまではあなたの番です反撃編と通ずるものがあります。
「マンションの住人全員を××してそれで復讐完了」という最悪の結末を暗示するセリフもありましたので、発想としては近いものがある詩音と翔太くんということになりますね……

詩音は鬼(復讐心)に囚われるあまり、最愛の悟史との約束を忘れて取り返しのつかないことをしてしまい、後悔して錯乱し、もう後に引けないと覚悟と決意を決めたことが最後の悲惨な結末に繋がります。

さて、「双子×最愛の殺人鬼」に当てはまる可能性の人物は少なくとも2人います。
みんなの黒幕候補トップ2にして双子説に違和感のない翔太くんor黒島ちゃん。

その前にもしかしたらこの可能性も?という考察。

・菜奈ちゃん双子説。
確定事項は菜奈ちゃんは長女。
あと、どなたが考察してた菜奈ちゃんの初婚の時期から細川さんの前の旦那さんがいた可能性。

長女の場合、下がいる可能性は定かではありませんが、仮にしたとして……どこかで入れ替わった可能性有り?
だとしたら完全にひぐらし綿流し編目明し編と一致しますね!

1つ気になるのは菜奈ちゃんが1話で書いた文字。
少なくとも最後に書いた一角は一筆書のはらい。
翔太ではない。それなのに何故か言わない菜奈ちゃん。

細川朝男の「男」or「夫」or「302号の人」
本人は細川さんと言ってますが、もしも別の人が細川さんの名前を書いたのだとしたら?或いは……
という小さな可能性です。

・翔太くん双子or二重人格説
お母さんが若くして生まれてきた手塚翔太くん。しかし翔太くんは三男である。
双子or三つ子の可能性は十分あります。

そして、やっぱ甲野さんの死に際の一言ですよね……「ほんとに押そってんじゃねーよ……」
あと、通行人の「あれ犯人じゃない?」ももしかしたら田中圭さんが演じる人物が甲野さんを刺した事を暗示?

もしも翔太くんが黒幕ならゲームを利用して細川さんを排除し、結果的に菜奈ちゃんにバレて排除?

この場合、作中で登場する「パノラマ島奇譚」という作品に類似する内容になります。
菜奈ちゃんのPCのパスワードになってる意味とは……?

ちなみにコナンで翔太くんがブルマーク付けてたのは双子の兄が犯人だった事件。
そして、挑戦状にあったブルマークはこの時に見ていた菜奈ちゃん、翔太くん、翔太くんの兄弟、元カノなら知っている可能性があります。

二重人格は記憶を共有してない場合があったり、秋元康さんが以前企画したドラマ「愛してたって、秘密はある。」と被りますので、企画段階ではミスリード要因だったのでは?というのが個人的な見解です。

・黒島ちゃん双子(二重人格)説
企画が秋元康さんということもあり、この子が黒幕なら全てが繋がってしまう……という存在です。

彼女の双子疑惑については他の人も散々言ってると思うので割愛します。

実は今回の照らし合わせ考察の主役は彼女だったりします。
何故なら……
彼女は作中に恋人の死を経験している。

・もしも彼女が恋人のDVを受け入れて彼を好きだったら?
・彼の死がゲームのせいだったら?

翔太くんと同じ「愛する人の復讐」の動機が完成するのです。

そうなると突然明るく振舞い、容疑者に近付いて情報を得て、得意の計算式で犯人(黒幕)側のグループへの復讐を企てて実行している可能性があります。
もしかしたらそれがもうひとつの事件(同一犯)の正体かも?

その場合、赤池さん、浮田さん、菜奈ちゃんが黒幕側という考察になります。

黒島ちゃんの動機が復讐で、かつ黒幕だった場合は、ルールを守らなかった(自分の書いた紙を引いた人を詮索しないこと?)人が犠牲者だという考察です。
浮田さんと菜奈ちゃんは実際探ってましたからね……

もしくは黒島ちゃんは本人の意思に反して危険な思想の人物に気に入られるのかもしれません。
DV彼氏、実験大好き総一くん、ストーカー疑惑の大学生(恐らく甲野さんの名札を届けた人物)、二階堂くん……
この場合、黒島ちゃんは事件とは無関係のミスリード要員という考察です。

黒島ちゃんだと3パターン全ていけてしまう……恐ろしい子

ちなみにですね、二階堂くん他の「人間だと生じてしまう余計な感情がAIにはないから捜査に適している」という自信は1つ盲点があります。
AI開発者が恋をして盲目し、見落としたならそこの情報がAIに反映されない可能性ですね。
二階堂くんが翔太くんの代わりに恋をして…という流れそのものが物語の大きな伏線の可能性あります。

ひぐらし目明かし編とあなたの番ですを照らし合わせた場合、こうなりました。
あくまで考察。可能性の話。

あなたの番ですの考察が大部分を占めてますが、内容は案外通ずるものがあります。

ひぐらしのなく頃に 綿流し編ひぐらしのなく頃に目明し編、よかったら是非是非読んでみて下さい!!
あ、でもホラーとかグロ注意はあるので苦手な方は読まないほうが……

コミック

電子書籍

小説

ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編(上) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編(上) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編(下) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編(下) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第一話~目明し編~(上) (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に解 第一話~目明し編~(上) (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に 解 第一話~目明し編~(下) (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に 解 第一話~目明し編~(下) (講談社BOX)

DVD BOOK