神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

ワンピース 第10巻

・タイトル

ワンピース 第10巻

ONE PIECE 10 (ジャンプコミックス)

・点数

総合得点88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

著者情報
尾田栄一郎

油絵が趣味だったお父様の影響で幼い頃から絵を描いていたそうです。

本格的にマンガを描き始めたのは中学年生の頃で、『小さなバイキングビッケ』という作品の影響で海賊を好きになったそうです。(アニメ版の小さなバイキングビッケが放送された同局の同時間帯で後にアニメ版ワンピースが放送開始されました)

中学生時代に、『ジャンプに海賊のマンガを描くこと』を目標に掲げてアイデアを貯めていたそうです。

受賞歴
1992年 WANTED! 第44回手塚賞準入選

1993年 一鬼夜行 第104回ホップ☆ステップ賞入選

ONE PEACEの受賞歴
2000年 第4回手塚治虫文化賞最終選考6位
2002年 第6回手塚治虫文化賞最終選考6位
2006年 日本のメディア芸術100選 マンガ部門選出
2012年 第41回日本漫画家協会賞大賞受賞

2018年 熊本県民栄誉賞


・本の概要
・宣戦布告
・四天王vs四天王
・バトンタッチ
・開戦 ルフィvsアーロン


・感想
いきなり現れていきなり殴る。それが怒っている時のルフィらしい……そこはなんか賊っぽい。何となく。

一応言っておきますが、作中で四天王とか呼ばれてません。
響きで付けました。正直ノリです。
正確にはアーロン一味の幹部vsルフィ一味です。

ゾロvsはっちゃん
三刀流vs六刀流
剣士同士の戦いですね!

サンジvsクロオビ
蹴術vs魚人空手
武器を使わない格闘術の応酬です。

ウソップvsチュウ
パチンコvs水鉄砲
ここだけ子供の遊びみたいだけど、ちゃんとしてますよ!
ウソップのアホな行動は天然なのか計算なのか!?
能力差を頭脳で補います。

それにしても瀕死の状態で戦うゾロ格好いいなー。

まあ、でもこの戦いにおいてはアーロンが一番好きかもです。
全てにおいてクリークの上位互換な感じがします。

魚人(鮫)の特性フル活用のアーロンの戦い方も面白いし、ゴムの特性を利用したルフィの戦い方も面白いです。

この巻の見所はルフィの『出来ないこと自慢』ですね!
理由は読んだら分かります!

・まとめ
アーロン好きなんですけど、横顔がたまにカイジに似てるって思っちゃいました。
顎のせい?

コミック

ONE PIECE 10 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 10 (ジャンプコミックス)

モノクロ版カラー版