神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

基本ルール

  • こちらのブログでは『本』の評価をさせていただきます。

当ブログ…というより僕自身が『物語』を読むことが好きなので、『書評』と言いながらも扱うのは基本的に小説(児童小説やライトノベルを含む)です。

また、マンガは読書に入らないとは言うものの、文化として素晴らしいのは事実ですし、本当にいい作品は勧めるべきだと考えているので、いいと思えば迷わずマンガも扱います。

ただし、小説とマンガは全く別物なので評価する項目(ポイント)は違うものになります。

また、感想の部分は引用を含んだり、『その本を読んだ感想』として、感じたことをそのまま書くので、本の評価は気になるけど、内容のほうは一切知らずに読みたい。という方はタイトル、点数、著者情報、本の概要までで止めておくことをお勧めします。
それでも感想の冒頭部分が目に入って不愉快だ!という方は申し訳ありません。

あくまで、『本を紹介』するブログなので『本を読む楽しみそのものを損なう』ようなレビューはしないつもりですが、一切内容に触れないのは書評ではないのでそこはご了承していただきたいところです。

また、当サイトにおける『書評』とは、一般的な書評(文芸評論)の意味とは多少異なります。
もう少し簡単に言うと、読書感想文と文芸評論の間に位置すると思ってもらってOKです!

読む作品のジャンルにこだわりはないので、昔読んだ本を改めて読み直して書評してみたり、評価の高い本を買って書評してみたりと様々です。
どちらかと言うと、古本屋さん感覚で、思わぬ形で本と出会う手助けになるのが目標です。

あとは当ブログの特徴としては、作品毎の評価に重きを置いています。
作品とはまさにその1冊そのものです。
なので、小説、マンガ問わず、膨大な巻数があり、その全てを読んだ場合、それぞれの巻を1つの作品として1記事分のブログで評価させてもらいます。

さて、当ブログにおける書評の大まかな書き方と採点方法については以下の通りになります。
点数の()はマンガの場合の採点基準になります。

元々は小説全般をベースに採点方式を考えたので多少無理はあるかもしれませんが、マンガならではの表現だとこうかな?というものに置き換えたつもりです。

具体的な採点方式は各項目それぞれで☆の数で採点します。もちろん、多い
ほうが高評価です。
その上で、各項目MAX20点(☆1つが4点分)として合計値を総得点とします。

タイトル

著者情報、本の概要

点数
総合得点
表現力(オリジナリティ)
深み(熱中度)
芸術性(画力)
ストーリー性(ストーリー)
読みやすさ(テンポ)

感想(引用を含む場合あり)

まとめ


さて、先程、『採点方式は元々小説全般を想定して考えた』
という旨を書きました。
それはどういうことか?こういうことです。

小説を書く人、小説家における名誉ある賞として有名な芥川賞直木賞があります。
実は元々はこちらの賞はそれぞれ別ジャンルの最高峰の賞だったんですね。
その違いから採点方式を考えました。


芥川賞直木賞の違い
芥川賞」は芥川龍之介の名を冠した純文学が選考基準の新人作家が対象の文学賞です。

直木賞」は直木三十五の名を冠した大衆文学が選考基準の新人及び中堅作家が対象の文学賞です。

「純文学」と「大衆文学」の違い
純文学は、表現を重視します。 いわゆる芸術です。
面白さやストーリー性を重視するのではなく、いかに素晴らしいかを重視します。
ですので、純文学である芥川賞受賞作品の方が、直木賞受賞作品に比べて多少とっつきづらい傾向にあります。
味わいがあるけど、すらすらとは読めない。そんなイメージです。

一方、直木賞は大衆文学の賞です。
こちらは、面白さを重視しています。
もちろん、言葉遣いや表現も重要ですが、ストーリ性やキャラクター性をより重視しています。
あまり小説を読んだことがない人にとっては、純文学よりも読みやすいです。
面白くて、すらすら読める。先の展開が気になる。そんなイメージです。

まとめると、芥川賞は純文学。表現重視、深み重視、芸術的。

直木賞は大衆文学。ストーリー重視、読みやすい。

とは言え、最近は芥川賞直木賞の基準、つまりは純文学と直木賞の境目がなくなってきているかもしれないので、必ずしもそうという訳ではありません。

あくまで僕の主観による採点になるので本当におこがましい限りではありますが、採点の項目でどちら寄りの作品だと感じたかを分かりやすくしてみました。

皆さんが本を選ぶ際の参考になれれば幸いです。