神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ベイビーステップ 第32巻

ベイビーステップ(32) (週刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

ベイビーステップ 第32巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・戦い方
・未知
・経験則
・一世一代
・根拠
・技術
・人の歴史
・返し技
・取捨選択
・仕掛け

・感想
荒谷くんがライバルプレイヤー兼読者と同じ視点から丸尾くんに質問してくれるから、エーちゃんが何を見て、どう考えてノートを取っているのか見えてくるのがこの巻冒頭の特徴。

丸尾ノートめちゃくちゃ効果的!!やっぱデータテニスは強いんだなぁ~

世界に対してテクニックで対抗してた浅野さん。
パワーに走るのではなく、チェンジオブペースに磨きをかけた浅野さん。
あくまでも現役に拘り続ける浅野さん。
なるほど、確かに似てるかもね、エーちゃんと。

「寒くなってきた」と言いながらスカートなのは女の子だなぁ~って思います。
久しぶりに彼氏と帰ろうと気合い入れてるのかな?
そういうとこ可愛いと思います。

テクニックとパワーは融合しつつも交互に主導権を握っていた。
長く続いたパワーテニスの時代を変えるのは圧倒的テクニック?

なるほど、浅野さんがその役割を担うか否かは一旦置いといて、ジュニアでのエーちゃんや難波江くんの活躍を見ると、その読みもあながち間違ってはないのだろう。
そうなると、池くんより逞さん優勢の時代に変わったりするのかな?

確かに!いくら強くても、速くても、パワーテニスはどうしても単調になってしまうからテクニックvsテクニックの試合のほうが見るほうは魅了されるかも!
互角で拮抗した展開も含めてね!

浅野さんの立ち位置って松岡修造さんに近いのかな?違ったら申し訳ないですが。

「無謀だから」はやらない理由にはならない

っていう考え方は嫌いじゃない。むしろ好き。

気が早い話だけど、自分の理想のテニスを体現しつつある高校生に出会った35歳のベテランの心理として、夢を託せる相手が見つかった……とはならないかい?
踏ん切りついてコーチになる未来が垣間見えたような。


関連商品

検索で引っかかったおまけ

Baby Steps

Baby Steps

  • AudioSparx Alliance
Amazon