神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ホーリーランド 第7巻

ホーリーランド 7 (ジェッツコミックス)

・タイトル

ホーリーランド 第7巻

点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ⭐☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・剣道
・空手
・信仰
・誰が為に
・包囲
・不良
・策略
・規制
・覚醒
・返答

・感想
剣士が持たなきゃ得物も棒切れというのは見るまでもなく分かります。
素人が調子に乗って振りかざすと逆に怪我するよ?なんてね。

何でしょうね?ヤンキー狩りが最近負け続けてるって分かったら急に調子に乗る不良の多いこと。
別にお前らがユウより強くなったわけではないのにね。

いやー、ショウゴくんは最強の助っ人だわ、ほんと。

強いパワーほど伝えるのが難しく、使いこなすのは難しい。
なるほど、馬力ですね?

誰かの為に力を振るえたならそれは本当の強さだと思う。

ユウはもう大丈夫だと思うけど、マサキさんがなぁ~
カリスマはみんなの期待と羨望を背負ってるから投げ出せない。
畏怖の存在でもあるから怖がることも許されない。
大変だよね、イザワマサキという役割も。

なるほど、木刀に素手は危険だと思ったけど、メリケンがあったか!
マサキさんがタカさんにどんどん気に入られてくの面白いです。
敵として相応しい心意気ってやつね?分かるよ!

強さの秘訣は技の力学の理解と実践か、なるほど!

そうか、また堕ちるか……
いや、正確には闇と光が共存していて、今回は闇の力を利用するって感じかな。
能力モノではないけど、この表現しかない気がします。


関連商品と検索で引っかかったおまけ

[asin:4065207126:detail]