神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

黒子のバスケ 第27巻

黒子のバスケ 27 (ジャンプコミックス)

・タイトル

黒子のバスケ 第27巻

・点数 100点++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆
オリジナリティ⭐⭐☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐☆☆

・本の概要
・甘いんじゃない?
・そっくりじゃねぇか
・気に入った
・大マジメさ
・悔しいよ…
・いいもの見せてア・ゲ・ル
・私の勝ちね
・アカンやろ
・奇跡は起きない

・感想
キタァァァ!!黛先輩の活躍の場!!
昔、名前覚えるまでは上位互換先輩って呼んでました!!←ごめんなさいm(__)m

黛先輩の魅力は幻の6人目でありながらわりと唯我独尊。
口も悪ければプライドもそれなりに高い。
感情も見えやすい。
でも仕事はきっちりこなす。チームではなく、自分の為に。

フリに続け!と出てきた福田?くん、彼の存在はなんやかんやで伊月くんもまあまあ凄いことの証明ぐらいの役割にはなったかな、可哀想だけど。

憧れの選手が嫌いなタイプだった時の心中お察しします。

ああ、無冠の解説スペシャリストとして花宮くん来てるのか、自分以外の無冠の五将は全員決勝戦出てるもんね!

それにしても3つのシュートを持つ男の称号が夜叉なのは何故?
いや、別にいいんだけど、鉄心とか悪童とかわりと性格やプレイスタイルを倣ってたから気になったです。
あれか、夜叉が男女共に存在する神で、勇猛な性質だから実渕は夜叉ってことか。

根武谷さんって中1の時は可愛かったんですね!
こんなゴリになったのは半分は木吉のせいか。

洛山は強い。
何もしなくても点差が開く、圧倒的実力差。
逆境に強い誠凛とはいえ果たして……

それはそれとして、黛先輩と赤司くんのコンビ素敵すぎる(*´ω`*)
このコンビのアリウープが個人的に最高すぎてもう他どうでもいい←オイΣヽ(゚∀゚;)


黒子のバスケ 27 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 27 (ジャンプコミックス)

  • 作者:藤巻 忠俊
  • 発売日: 2014/05/02
  • メディア: コミック

関連商品

検索で引っ掛かったおまけ
[asin:4048691252:detail]