神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

うみねこのなく頃に EP3 第3巻

うみねこのなく頃に Episode3:Banquet of the golden witch: 3

・タイトル

うみねこのなく頃に EP3 第3巻

点数 100点++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度🌟☆☆☆☆

・本の概要
・悲願成就
・継承式
・決別
・女の嫉妬

・感想
大人達のパートにてようやく碑文の謎解きがスタート!
こっちを見てたいから戦人はほんともう出なくていいよ、必要最低限ほどほどの出番にしてほしい。

絵羽叔母さんが主役してるけどなんか嫌な予感しますよね、何かは分からないけどそういう空気?感じる。

魔法少女みたいになってる⁉
夢見る少女みたいで可愛いじゃないか。

魔女達のお茶会って絵的には微笑ましいよね!絵的には!

それにしてもEpisode3のベアトはところどころ可愛い。

なるほど。
そういう形で嫌な予感が当たったか。
相変わらず絶妙な構成で痺れますね。

決別って人間との決別なのか、師匠との決別なのかどっちなんだろう?両方?

あーもうほんと萎えるわ、戦人の存在。
会話を放棄したらゲームにならないだろ。それだったらいっそ放棄すればいいんじゃないの?

三者目線からしたらベアトリーチェに気に入られて駒からプレイヤーに昇格して生け贄に選ばれない時点で少なからず共犯者側のイメージなんですけどね?
そりゃまあ、身内が殺されたり豹変したり弄ばれて気の毒ではあるし、正直死ねない地獄もあるだろうし、常人なら気が狂うところをよく耐えてるとは思うけど。

ベアトリーチェが戦人を選んだ理由がもしも誤って戦人を殺してしまい、蘇らせて繰り返してるだけ。と考えるほうが自然なぐらい戦人はここに相応しくないと思う。

少し戦人の気持ち分かったかもしれません。
「絶対にお前を認めないし、降りるつもりもない」
ベアトリーチェに対して戦人が言ったのがまんま当てはまるので。
ただし、僕の場合は(現時点では)が付きます。
あ、でも僕も戦人には失望したかな。

そもそも人間の仕業とは到底思えない殺人が起これば魔女を信じるって最初に言ったのは戦人じゃなかったっけ?
いや、僕の解釈違いかもしれませんが。

ほう、銃は魔女に有効なのか。

嫉妬は女の力の原点ってのは偏見な気もするけど、ネガティブな感情をプラスに変えられる強さを持っているのが女性ってのは分かる気もします。

留弗夫さんめっちゃカッケェやん、渋い。
戦人もいずれはこうなる可能性あるってことかー、親子だもんなー
でも戦人に期待すると裏切られそうだなw
まあ、留弗夫さんに銘じて一縷の期待はしましょうか。



関連商品

検索で引っ掛かったおまけ