神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

エリアの騎士 第30巻

エリアの騎士(30) (講談社コミックス)

・タイトル

エリアの騎士 第30巻

・本の概要
鳳凰戦決着
・本気の蹴球
・岩城という男

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
鳳凰戦の部分については例の如く伏せておきます。

蹴球の本気というのは地味に作中では初御披露目でした。
3人の留学生に頼り過ぎない、イレブン全員がプロフェッショナルな集団…個人的には嫌いではないです。
悪役っぽく描かれてますが、それはそれでいいと思います。全員がきちんと活躍するのであれば。

さて、作中初披露と言えばもう1つ。
岩城監督の実力。
オリンピックのメンバーでもあるU-22の合宿メンバーに選ばれたこともあり、自信過剰な荒木さんの鼻をへし折るという発言から始まった1軍vs控えwith岩城監督による江ノ高紅白戦。

岩城ちゃんがプロとして入る横浜に入団が決まっている鷹匠さんと飛鳥さんが再登場します(横浜の監督に呼ばれて観戦)。

荒木さんにも正直思いましたが、それ以上にムカつくのは鷹匠さんですよね、やっぱり。
年上の人に対する敬意が足りてない。
そこが足りてなさすぎる人はスポーツマンとしてどうかと思います。例えどんなに実力があっても…ね。
やっぱり飛鳥さんが好きです。
飛鳥さんに付いていきたいです!!


コミック

エリアの騎士(30) (講談社コミックス)

エリアの騎士(30) (講談社コミックス)

電子書籍