神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

修羅の門 第27巻

修羅の門(27) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

修羅の門 第27巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・THE OTHER SIDE OF THE RULES ルールの向こう側
・BAD MATCH
マラカナンスタジアム、朝

・感想
陸奥くんは本人が技の解説してるからいっそのこと外野のやりとり全部まとめていらんな。テンポ悪くなるし。
正確には、ないほうがスムーズに進みそう。
よほどの時はしょうがないけど、基本はないほうが読みやすいかなぁ~、個人的には。

娘というワードに弱いのは陸奥くんの中にいる九十九くんがマイコちゃんを愛してるからかな?と憶測してみる。

反則なりルール無用なり、ワクを広げると得をするのは1000年の歴史を持つ陸奥……うん、それは納得。
陸奥くんというか、陸奥圓明流を倒すには結局のところ、ワクを縮めてルールの中で戦わせるのが一番なのはそうかもね?
それで勝ったと思えるなら……だけど。

準決勝の組み合わせはどっちで行く?おー、そっちか~
って感じですね!
これ以上は言えない🙅‍♂️

サモンナイトで言うところの夜イベ(出撃前の本音タイムみたいなもの)に近い部分でマイコちゃんが可愛い。
不思議なもんだなぁ~(笑)


関連商品

検索で引っかかったおまけ

修羅囃子 人間椅子

修羅囃子 人間椅子

  • ノーブランド品
Amazon

おまけ