神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 第12巻

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 12巻 (バンチコミックス)

・タイトル

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 第12巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・濁
・弔
・路
・三島課長の事件簿

・感想
鬼さんしぶとい……
けど、忍足さんの卑劣さには叶わない?
卑劣ってかえげつないよね、テトロドトキシンを躊躇いなく使うのは怖いよね、さすが拷問のプロって感じでした。

プライド高くて煽りに弱い……とすれば小者だな、コイツ。
イクオってあれだよね、最強の人狼みたいな感じしますね。

任侠の男気カッケェな。

証拠隠滅まで完璧……さすが。真っ黒だぜ。

全てを飲み込んだ「行ってらっしゃい」は日比野さんの感情が見えてよかったです。

ああ、やっぱりなぁ~
イクオが封印した過去に関しては予想通りでした。
詳細まではさすがに現時点では断言出来ませんが。

隼人とタッちゃんの関係性も良かったですよね、揃いも揃って不器用なコンビだよね、二匹の龍。

三島さんの話は……まあ、触れなくてもいいか(笑)