神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

シュガー 第6巻

シュガー 6 (アッパーズKC)

・タイトル

シュガー 第6巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・お前たちは奴隷だ 敵じゃない
Shall we dance?
・カシオリを付けてライセンス持ってこい
・やっぱ「コンてパン」っしょ
・中尾ピーク
・感触? 固くもなく柔らかくもなく
・師曰く「2本とも俺が買ったね 」
・8月20日 開戦の日

・感想
本物か偽物か、安全重視で行われるルールの中で凜はどう動く?というところから始まりますが、描き方が凄いというかそう来たか!って感じです。

凜の態度には相変わらず問題がありますが、天才だから目を瞑ろう。
そして、似た者師弟爆誕⁉の予感。

コンてパンって言われた瞬間に意味が分かったから僕も天才かも⁉⬅違う

全盛期の中尾会長えげつねぇ!確かにあれは異次元のボクシングですわ……それが画から伝わってくる。

ご正気ですか?➡5時起き?の流れが好きすぎてw
わざとか天然か分からない絶妙ラインですね!

おい、笑わせんなよ桜井さん!コメントしづらいし!

石川ッピwwその呼び方は笑う(笑)
上の階級相手に右は禁止で10のジャブ指定、説明はなし。
確かに厳しい。

凜は器用だから両立してるけど、冷静に考えたら板前とプロボクサーって兼任不可能じゃない?
拳痛める可能性あるのに容認してもらえるわけが……ってことか。
板前になれる素質もあるらしいからほんと器用なんだろうなー


コミック

シュガー 6 (アッパーズKC)

シュガー 6 (アッパーズKC)

電子書籍
シュガー 6

シュガー 6