神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 第14巻

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 14巻 (バンチコミックス)

・タイトル

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 第14巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱血度☆☆☆☆

・本の概要
・儚
・彗
・馘
・孤

・感想
阪東さんwwそういうとこわりと好き(笑)

26年前の復讐……完全なる逆恨みだと思うけど、悪人には悪人なりの復讐がある……のか?

ふむ…珍しいな、イクオが過去のことを断片的でも他人のこと語るのは……
イクオ達の核となる部分だよね、犯行動機でもある。

これもセオリー通りだけど、説得役は君かー、過去ってのは確かに切り離せるものではないよな。

確かに。それは反則だわ。三島さんよかったなぁ~

本棚を見ればその人の性格が分かる……趣味趣向が分かるってことですよね、そして部屋からは普段の生活が垣間見える……というか滲み出る?

またも突然の人事異動。
そして、「警察を裁くは我にあり」
作品のサブタイトル回収!


検索で引っ掛かったおまけ