神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

エリアの騎士 第53巻

エリアの騎士(53) (講談社コミックス)

・タイトル

エリアの騎士 第53巻

・本の概要
・強さと繊細さ
・大きな成長
・強心臓の兄貴
・俺たちも同じだ
・42分の1
・本能と技
・インパルスの一員として
・サッカーの醍醐味
・「密集戦術」の真実

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
(いろんな意味で)地味に結構活躍する公太。
公太使いやすいですよね!分かりますw

確かに、駆の周りは変な人しかいないやw
そして何気に四季さんと武蔵さんっていいコンビになれそうな気が(笑)

優勝決定戦も42試合ある内の1試合に過ぎないって考え方めっちゃ好きです。

おー、四季さんの活躍で空気になりかけてた駆の元祖相棒荒木さん。
ここに来て駆の進化に一役買ってました!何だよ、裏でそういうことやってたのかよ!言えよ!wって気分でした(笑)

予想外があるから楽しい。
敵の凄さを楽しめ。
これはサッカーに限らずいろんなことに言えると思います!
ピンチはチャンスなんだぜ!

最後は熱血スポ根だとありがちな展開です。
悪くはない。


コミック

電子書籍