神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

BLOODY MONDAY Last Season 第3巻

BLOODY MONDAY ラストシーズン(3) (講談社コミックス)

・タイトル

BLOODY MONDAY Last Season 第3巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・『THIRD-i』の翼
・芽生えた気持ち
・突きつけられた銃口
・火の中へ
・敵の本性
・見せしめの犠牲者
・死の最前線
・さらば戦友よ
・宿命の相手

・感想
揺るがない信頼感と愛の強さが凄い。
そして推しキャラの切ない本心……

元敵同士の休戦共闘にしては仲良くやってるじゃないか!
って一瞬思ったけど、そんなことはなかった。
屈辱的な諭され方だろうけど、これは仕方ない。
覚悟って口にするのは簡単だけど、実際に行動したり、選択を迫られたら難しいですよね……

遥の涙の訳とは……
個人的には遥ちゃん擁護派なんですけどね、可愛いから許す!
人質経験はあっても一般人中の一般人だから仕方ないと思ってます。


そりゃそこまで大胆に動けばバレるだろうよ(笑)
むしろなんでバレないと思ってたのか……まあ、ある意味それが彼らしいいいところですね!

命懸けのギリギリラインを許容するなんて君もだいぶ変わったなぁ~
人は変わる。っていうセリフに対するアンサーなのかな?
それでいて変わらない部分もあるから人間は面白い。

「姿を眩ましたかと思えばそんなところに潜んでいたか」
これはお互い様ですが、全シリーズまでとの繋がりを拾いつつ、物語を畳むクライマックスへの道筋が見えてきたかなー?といった感想です。

そして、黒幕の切り札の懐刀がいよいよ登場……と。


コミック

BLOODY MONDAY ラストシーズン(3) (講談社コミックス)

BLOODY MONDAY ラストシーズン(3) (講談社コミックス)

  • 作者:恵 広史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: コミック
電子書籍