神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

頭文字D 第7巻

頭文字D(7) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

頭文字D 第7巻

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
高橋啓介に死角なし!!
・激闘ヒルクライム!!
・激突するプライド!!
・脅威のハイテク戦闘機を追え!!
・そこまで曲がるか FD-3S!!
・キレる男 高橋啓介!!
・ステアリング インフォメーション
・見せてくれ 雨のダウンヒル!!
・不気味なエリア外新勢力!!
・レインバトルの恐怖を知れ!!
・絶叫ドライブ つきぬける天才

・感想
敢えて不利な相手の地元で戦う流儀も負けは負けと認めるところもめちゃくちゃ好きですね、だから大好きなんですよ、高橋兄弟。

地元ではない峠を地元と同じように走れるのは拓海の能力ですね、無敵の片鱗?

そして、文太さんの複雑な親心が炸裂している(笑)

序盤で拓海に敗北した奴ら同士の戦いにして進化したライバル達は拓海の存在で燃え滾る…と。
これは面白そうだ!

「キレやがったな そんなスピードで行けるわけがねぇ!!」
「バカヤローが岩の壁に突っ込むぜ!!」

アニマックスの頭文字Dの宣伝用CMでお馴染みのこのセリフが出てくるのが「ステアリング インフォメーション」

10代の頃は雨の中のダウンヒル格好いいと思ってたけど、30代ともなると、雨の日の山中でギリギリのドリフトは普通に迷惑なことが分かってしまうから昔ほど純粋に楽しめないという罠が。


関連商品