神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

クズの本懐 第3巻

クズの本懐 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

・タイトル

クズの本懐 第3巻

・点数 100点+++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ⭐⭐☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐☆☆☆☆

・本の概要
・絶体絶命
・Show Me Love(Not A Dream)
・Bad Apple!!
・純愛デリュージョン
わがまま 気のまま 愛のジョーク
モアザンワーズ
・にゃんにゃんオラトリオ

・感想
花火ちゃんが可愛い。純粋じゃないのに純粋っていう不思議な感覚。

そんな男の理想みたいな女性がいるわけがない。
花火ちゃんが言うなら僕は信じるよ?好きだから。
多分、こういうことなんだろうなw
善悪じゃないのよ、きっと。好きになったほうが負けるゲームなのだから。

なるほどね、「奪われるぐらいなら奪う」という考え方か、嫌いではないですよ、搾取されるか、搾取するかの二択でどっち選ぶかは個人の自由だと思うので。そのリスクも理解してそうなので、むしろ好意的に見えるかもしれない。

「無自覚な同族嫌悪」と「幼い同族を玩具にしたい感情」、この2つは多分≒だ。
だから僕はこの人のことも好意的に見えるのでしょう。花火ちゃんが好きだから。
壊れゆく花火ちゃんを見せてくれるから。
どんな表情をするのだろう?と愉しむ気持ちも分かるんです。

元の関係性を壊したくないから告白したくないみたいな気持ちは分かる気もする。
そういう時は両思いだとしても、されるのも嫌だからそこに嵌まった時点で終わりなんだけどね、うん。

回想シーンの恋に落ちた瞬間の淡くて脆くて壊れやすいあの感じの表現がお見事。

女の子同士のそういうシーンのほうがエロく感じる。
何でだろう? 不思議。神秘的に思うのは同性ではないからってのは解るんだけど。
ただ、好きな人を気持ち良くさせたいって気持ちが伝わってどうこうって話は邪な中の優しさって感じで好きです。

そして、堕ちていく花火ちゃんが、虚ろな瞳になっていくこの娘がたまらなく愛おしい。
そうか、僕が惹かれていたのはこの子の中に眠る素質だったのか……今理解した。


関連商品

おまけ
[asin:B09CYM6XX2:detail]
[asin:B09BYSVJM7:detail]
[asin:B09QD3M5TS:detail]
[asin:B09GNB1VP5:detail]
[asin:B09HTRVHT6:detail]
[asin:B0995DBH9D:detail]
[asin:B09GN9GB2M:detail]