神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

FINAL FANTASY零式外伝 氷剣の死神 第3巻

FINAL FANTASY零式外伝 氷剣の死神 3巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

・タイトル

FINAL FANTASY零式外伝 氷剣の死神 第3巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・想いの行方
・理想と現実と
・決断
・正しさの在処
・氷剣の死神

・感想
ぽっと出っちゃあ、ぽっと出なのに、アオイさんのヒロイン力高いなぁ~
可愛い。

「この時の俺には全て揃っていた」

っていう不穏しかないセリフやめろ!
いや、零式に繋がるんだからどうなるかは大体察してるけども!!

死んだ相手のことは忘れる世界だけど、伝え聞いた話は伝えてきた相手が生きてる限り忘れない……か。
伝説は残り続けるみたいなもんかな?
いつかは無に還るんだろうけど。

クラサメさんとカヅサさんの関係性は最高だけど、クラサメさんの弱点が露呈したとも言えるよなぁ~

仲間を信じすぎるのが欠点。
友達の為に熱くなりすぎるのも欠点。
人として全然間違ってないのにそうなるのが戦争。

まあ、そうだよなぁ~
クラサメさんが仲間を無条件に信じずに、あの人が重要案件を知らないという違和感に気付いてさえいれば、裏切り者の報告は出来て、被害は最小限で済んだのかもしれない。

ただ、若かりしクラサメさんのこの甘さはすごく好きです。
ダメかもしれないけど、愛すべき部分だったと思います。
少なくとも僕は……ね。


関連商品

検索で引っかかったおまけ

おまけ