神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

四月は君の嘘 第6巻

四月は君の嘘(6) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

四月は君の嘘 第6巻

・点数 100点+++

ストーリー⭐☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・本の概要
・りんご飴
トゥインクル リトルスター
・つき動かす
・射す光

・感想
公生くんとかをちゃん、演奏する2人を見てるといい雰囲気に見えるのにすーぐ暴力に訴えるから台無し(笑)
でも、そこが好き←え

時間が止まればいいのに…か、深いよなぁ~

漫画としての表情の変化と種田さんのCVと広瀬すずちゃん感が重なって僕の心が揺さぶられてる気はします。

そう言えば椿ちゃん役の佐倉綾音ちゃんも声合ってたなぁ~
勿論、花江くんと逢坂さんも。
もっと言えば、梶さんと早見さんも合ってたし、能登さんは怖かったです。さすがでした。

なるほど。
まずは自分が凄いことを証明して、自分を伴奏者にしている相方はもっと凄いという証明にする為の全力演奏か、トラウマに立ち向かうには十分な理由だ。

粗雑と猛々しさを履き違えた怒りをぶつけた演奏というのはいい評価ですね、その通りだもの。

瀬戸さんの後悔と懺悔も辛いけど、今はちゃんと向き合ってるから尊重したい。

音が水彩画のように鮮やかに彩り、カラフルに染まるって素敵な表現ですね、好きです。


関連商品とおまけ