神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

四月は君の嘘 第5巻

四月は君の嘘(5) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

四月は君の嘘 第5巻

・点数 100点++++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐⭐☆

・本の概要
・堕ちる
・君といた景色
・線路沿いの道
・橋の下

・感想
もしかして渡くんが本当に好きなのって……まあ、いいか、この話は。
大事なのは、「逆境でこそそいつが本物かどうか分かる」「星空は夜に輝く」
この2点から、暗闇の中でこそ輝ける何かが大事って話ですよね、相変わらず渡くんはいいこと言うなぁ~

完璧→乱暴で粗悪→色付く音色
異なる演奏者の如く弾く音色が今の有馬公生ってことだね?

3人目と評された最新の公生くんの演奏は漫画越しでも泣けてくる……その力がある。一途で切ないたった1人の為の演奏。
そうか、元々がお母さんの為だったから、君はそのタイプの演奏家なんだ。

天才が凡才に堕ちたからこそ与える感動だとしたらこれは奥深い。

完全無欠のヒーローなんてレッテルは剥がして正解なんだよ、きっと。
誰かのヒーローだって人間なんだから。

それにしても公生くんが急に走り出して戸惑う幼馴染み2人に対して天真爛漫スマイルなかをちゃん可愛い。

「ぼくがいつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ、チャーリー・ブラウン

このセリフだけで泣きそうです……。


関連商品とおまけ