神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

センゴク天正記 第10巻

センゴク天正記(10) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク天正記 第10巻

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・本の概要
播州三木城包囲戦
荒木村重の謀反
・天下一統とは
・官兵衛の説得
・官兵衛の処断
・家の結束
播州
・奇襲の真意
・半兵衛の策
・二つ雁金と違鋒矢

・感想
堀秀政さん大人っぽい顔立ちになったなぁ~

織田信長齢四十五、そして、人間50年、ってことはもうじきかー

羽柴・明智に並んで織田信長に昔から仕えて信頼されてる荒木村重さん……なのに知名度はかなり違う。
これはゲームの影響が少なからずあるよなぁ~

黒田官兵衛さん渋いなぁ~
格好いい。

宜候(ヨーソロ)だけ太字で荒々しく表現してる演出いいね!雰囲気出る!

後藤又兵衛?聞いたことあるような!自信はないけれど。

官兵衛さんの処遇見るの辛い……

籠っていて戦況を見てないのに伏兵を見破る半兵衛さんが凄いのか、半兵衛の策ならと疑わずに従う羽柴さんが凄いのか……
否、どっちも凄い。


検索で引っかかったおまけ