神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

銀狼ブラッドボーン 第2巻

銀狼ブラッドボーン(2) (裏少年サンデーコミックス)

・タイトル

銀狼ブラッドボーン 第2巻

・点数 100点+

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・本の概要
・剣士の名は
・宿敵
・吸血鬼の王
・恨み恨まれ
・人の業
・交わらぬ道
・血の粛清を
・友との誓い
・狼は踊る

・感想
刀使いはやはり日本人か!秋水くん。

吸血鬼王ファウストさんの登場の雰囲気は仮面ライダーキバの必殺技を彷彿とさせますね!
強制夜演出というか、夜が似合う!

人間が動物の肉を食らうように吸血鬼は人間を食らう。
ただ生きたいだけなのに……というのは真に迫る台詞ですね。

「意味はないが、意義はある」
これも深い台詞ですね、ファウストさんも格好いい。

グリムさん大胆過ぎる!!
ほんと面白いですね、この作品のキャラクター達。

豚や牛は食べるのに人は食べてはいけないという理由は、理由と呼ぶには不透明というか、人間のエゴが過ぎるのでは?
というテーマは僕が幼少期に読んだ手塚治虫先生の漫画のテーマでもありましたね、逆の立場にならないと分からない愚かさを描いてるのかな?

グリムの演説は惹かれるものがある。何故だろう?不思議ダネ。

死者蘇生にも2パターンあると思うんですけど、グリムさんは人形はお嫌いなようで。

とすれば、グリムさんの目的と真意、研究との因果関係が気になるところですね。
1つの予想は出来ていますが。

陸軍中佐のベナン・グレイシル?
どっちなんだろう?
意外と正義か、そのまんま悪か。

過去と現在が交錯する演出で引き込まれる!

銀狼団は炎が似合うなぁ~
残酷なようだけどね、炎の中で戦うのが似合う。


関連商品

検索で引っかかったおまけ