神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ダイヤのA 第14巻

ダイヤのA(14) (週刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

ダイヤのA 第14巻

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・それぞれの役割
・応酬
・初球
・自覚
・期待を背負って
・満を持して
・切り札
・ラストボール
・明日に向かって

・感想
全員がエースに向かって…の扉絵めっちゃ好きッス。
沢村、丹波、降谷、川上の走る姿を後ろから描いてるんですけど、なんかいい。

沢村くんの成長が素晴らしい💮
マウンドを降りたらふて腐れるみたいなのはエースの精神じゃないもんね、責任と自負を持ってこそのエースよ。

ミッシーマはイケメンじゃないから鈴木達央ボイスなの面白いwって思ってたけど、今となっては、こういうのも出来ますよ!のアピールになるかもしれませんね?

うぉ~ミッシーマ!!
そして、意外と守備の人な伊佐敷先輩!!
どっち応援してるのかって?勿論、両方です!
どっちも魅力的なんだもの。

というか、薬師との試合がドラマチック過ぎるんですよねw

エースにだって万全ではない時は必ず訪れる。
その時に精神的に克服して修正出来る者こそが真のエースなのだろう……そう思います。

この投手陣を持ってしても打撃戦。
火力と火力のぶつかり合いはデッドヒートのまま最終局面へ!

満を持して……最高の場面で雷市に回る。
打順を1番にしようがこういうところで回ってくるのが野球なんだよなぁ~

雷市の心の成長がそういう風に変化するとはなぁ~
普通に考えたらこれは想定外だ。誰にとっても。


検索で引っかかったおまけ