神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

センゴク 第4巻

センゴク(4) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク 第4巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・両雄激突
・殺し間
・織田全軍戦闘態勢
・坂田・長比争奪
・欲望だけで
・謀略前夜
・謀略
小谷城焼き討ち
・後詰めの計
・次郎三郎家康

・感想
天才明智と懐刀?の木下か……どちらが指揮を取るのか……大事なところだ。

明智さんの独特の戦法に大事な役割となる「囮」の役割が権兵衛に。
十兵衛と権兵衛って似てますもんね?

明智さん考案の必殺の奇策というべきか妙策というべきか……面白いですね!効果的。流石です。

姉川の合戦前の信長様怖い。仕方ないけど、これは魔王の顔だ。

なるほど、「生きる」とは「死線を越えること」か。
確かに、木下さんも権兵衛…いや、仙石さんも全くの別人のように逞しくなったよね、そういうことか、表現が巧いです。

作中2度目の半兵衛さん訪問。その意味とは?
面白いね、木下籐吉郎さん。

噂に聞く程、武を以て天下を取るタイプではなく、知略で国を盗り、威厳と繊細な配慮で部下を従える名将…それが信長である。

この作品のお市さんはなかなか威圧的だけど、お市って作品毎に雰囲気違うけど、どれが本当なんだろう?
歴史に詳しい人いたら教えて下さい!

あらま、三河の徳川殿はちょっと不良気質かな?
戦魂ってゲームの徳川さんがこれに近かったですね!確か!
関係ないので深くは触れませんが、あのゲームは一時ハマってました。

他には伝わらなくても、仙石さんと徳川さんはフィーリング合うのね(笑)

で、この世界のお市さんはやはり末恐ろしい。
これは魔女だね、男を手玉に取って操ってらっしゃる。


検索で引っかかったおまけ

[asin:B00KMQCDBG:detail]