神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

とめはねっ!鈴里高校書道部 第14巻

とめはねっ! 鈴里高校書道部(14) (ヤングサンデーコミックス)

・タイトル

とめはねっ!鈴里高校書道部 第14巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・合宿最後の夜
・私たちの大先輩
・卒意の書
・拙なるも巧なるなかれ
・迷いながら
・望月のいない書道部
・出演作、出揃う。
・大ピンチ!
・新書道部スタート
・再び「書の甲子園」へ
・一本の線
・縁と結希
・ボーイ・ミーツ・ガール

・感想
大事なのは経験ではなく、気持ち…結局はそこに繋がるのいいですね!

消灯された広い部屋に1人は確かにちょっと怖いかもw
勅使河原くんでもそんなこと思うんだなー

最終巻にして三輪ちゃんが先輩としても部員としても最高の仕事(口車を授けた?)をした⁉️

少数精鋭の部活で総合ポイント高いとかめっちゃ格好いい!

麻衣ちゃん!実は成長してたんだね⁉️

藍子ちゃんはツンデレが板に付いてしまっている(笑)
可愛いけどね!

わ、早稲田の政経?マジか!

先輩達のそれぞれの進路面白いかも?

日野部長が大江くんを誘ったことで望月さんも火が点いた?

一条くんに対して言った「さようなら」の意味も含めて、そういう演出かー!と思いました。

大江くん、望月さん、日野ちゃん、藍子ちゃんで描く大学編が見たいと素直に思いました!
多分面白いと思うんだ。


関連商品と検索で引っかかったおまけ

[asin:B01L6IZ23O:detail]