神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

DEAR BOYS 第6巻

DEAR BOYS(6) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

DEAR BOYS 第6巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・DEAD HEAT
・激戦の行方
・Mached game
・マネージャーの祈り
・Never give up!!
・追撃
・The last Moment
・GAME SET そして‥‥。

・感想
得意の速攻って裏を返せば読まれやすいってことだから、別に驚くほどでもない。
そもそも鉄壁のチームからそう簡単に点が奪えるわけないやん。

壮絶な試合展開なのにロースコアゲームなのは予想してたけど、ここ!っていう見せ場のシーンでの躍動感がやはりイマイチ……跳躍の躍動感を画から感じなくて、迫力が欠けて見えるので、バスケット漫画としては少し致命的かもしれない。

うーん、奇跡の追い上げスリーも止まって見えるからやはり課題は躍動感かな……。

最後まで諦めない心意気は凄く評価出来ます。
好きですね。

正直、どっち応援するか迷う人多そうな対決もいよいよ終着点。

これ、地味に怪我で選手生命を断たれた杏崎ちゃんが相手チームのエースの怪我をどう扱うかの葛藤がよかったですよね、セリフは少ないけど、表情で語ってた。

さて、合同合宿をした2校で決勝という約束果たせるのかな?


関連商品