神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

人狼ゲーム ビーストサイド 第3巻

人狼ゲーム ビーストサイド 3 (バンブーコミックス)

・タイトル

人狼ゲーム ビーストサイド 第3巻

点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・猜疑の連鎖
・秘めた想い
・告白
背信
・盲点
・新たな選択

・感想
容赦なく刺せるようになったっていうか躊躇いなく滅多刺しは仲間でもちょっと引くよね?分かる。

人狼側…というよりはとある人物にとって幸運な方向に動いてるのかな?

ルールの穴を突いて人狼であることを明かして生き残りを謀るのはリアル人狼ゲームならではかも?

いやー、この人狼狂ってるなw
本来のビーストサイドの主人公と変えた意味がクライマックスシーンに現れたと思います。

正体が分かってたのに自分を助けてある種の自死を選んだ恩人に何も感じないのだとしたらそれはもう狂人だ……。

終わり方は土屋太鳳ちゃんではなく、古畑星夏ちゃんがやったほうの人狼ゲームのエンディングを思い出しました。

この終わり方自体はいいんですけど、実写版のビーストサイドで好きだったシーンがなかったのが少し残念です。


関連商品と検索で引っかかったおまけ

[asin:B08CHB5XT1:detail]