神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

不能犯 第9巻

不能犯 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


・タイトル

不能犯 第9巻

点数 96点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ⭐⭐⭐☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・忘れられた男
・大切な我が子
仮面の告白
・過去との対峙
・ひとつじゃない
・処刑教室

・感想
大切なことを忘れるって怖いし、特別な人に相手にされないのも怖い。
脆さと強さの勝負が皮肉にも見られるかも?

大切な我が子……自分の子供の認識の問題か~
大切な我が子の意味は理解出来るけど、その選択は理解出来ないかなぁ~
これはほんとに愚かとしか言いようがない。

でも、宇相吹さんの心理を描く上では大事な話でした。

なるほどね、南條さんは優秀なのではなく、イカれてるほうだったか。

これはこれで宇相吹正に人生を狂わされた男だ。
2つの仮面を持つ男。

集団で愚かなら集団パニックも起こしやすい?
まあ、普通に精神的に未熟な年齢でもありますよね。

知人を滑稽だと嘲笑っている人こそ実は滑稽だったりする。愚かだね。


関連商品と検索で引っかかったおまけ

[asin:B08R7SXFBY:detail]
[asin:B07GL528VL:detail]
[asin:B00JVOUKXS:detail]
[asin:B00FIWXETY:detail]