神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

NARUTO 第16巻

NARUTO―ナルト― モノクロ版 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

NARUTO 第16巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・最後の一撃…!!
・木ノ葉の忍…!!
・木ノ葉崩し、終結!!
・その者の名は…!!
・接近…!!
うちはイタチ!!
・カカシvsイタチ
・四代目の遺産!!
・追跡者!!

・感想
力を使い果たして限界の限界で繰り出すのが頭突きっていうのは岸本先生が大好きな某人気バトル漫画の金字塔のオマージュですかね?
まごごそら幼少期の名シーンっぽい。

ナルトの同期の親達の活躍見れるのレアだよね!一瞬だけど!

そして、猿飛先生こと3代目火影様の最期は哀しいけど、どこか素敵…これは猿飛先生が素敵な先生だからだと思います。

アカデミー卒業したての自来也綱手はナルトとサクラを彷彿とさせるものありますよね、時代的に考えたら……あ、これ以上は言ったらいけないのか、一応。

木ノ葉丸の涙がわりと来ますね、イルカ→ナルト→木ノ葉丸と続くバトンの演出の一環なんでしょうが、心境次第で泣ける、ここ。

そして出ました、うちはイタチ
みんな大好きうちはイタチと実は最強⁉️の噂を持ち、一定層からの人気を誇る鬼鮫の登場だ!!

猿飛先生(三代目火影)→自来也→四代目→カカシ→ナルトの相関図に自来也→ナルトも加わるのはエモいですよね、やはり。

本来は現時点では触れられない、触れてはいけないんですけど、イタチ・鬼鮫と対峙した時のアスマ先生が滑稽すぎる。
実力差分からないのに生徒受け持ってんの?って思わず聞きたくなるぐらい。

いや、分かってます。猿飛アスマの先生としての人柄は好きですし、アカデミーの先生ならめちゃくちゃいい先生だと思うんですよ、ただ、小隊率いる長としてはそういうのどうなの?っていうね(笑)
「猿飛」のせいでコネを疑う部分もありますし?
ほんと…大人になるって嫌ですね!

月詠って名前はお洒落だけど、エグい精神攻撃だよね(笑)

ナルト(九尾)を狙う暁(イタチ)、秘密裏に守ろうとする自来也、イタチに捕まればナルトは終わりだと思い、必死に追いかけるサスケ……激動ですね!


関連商品と検索で引っ掛かったおまけ

Naruto 16

Naruto 16

Amazon
Naruto 16 (Shonen Manga)

Naruto 16 (Shonen Manga)

Amazon
[asin:1421510901:detail]