神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ナニワトモアレ 第17巻

ナニワトモアレ(17) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

ナニワトモアレ 第17巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ⭐☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・あいたた、いててて!!
・一周だけやぞ、一周!!
・ケジメつけたれ‥‥
・それ以上なしーー!!
・おえ・あう・ふえ!!
・お悩みトモくん
・ヨネ君のたのみ
・ミズキとシルビア
・発表しまっせ~~
・パンパンコチョコチョ
・イヤ~~ン見ちゃダメ

・感想
後の「黒い特攻機」ってなんかかっこええやん、マーボやるやん!(初めてマーボ褒めたかも、未来やけどw)

またいつもの低俗な下ネタか…と思いきや、身体が痛めつけられればられるほど子孫を残したい気持ちが強くなる…つまり、死を認識した時に子孫繁栄を本能的に行いたくなる生物学の真理みたいな話だった。

マーボの強引さで強制イベント「ぐっさんvsマーボ」が発生。

自然消滅は尾を引く可能性あるし、自分のワガママ通すならケジメはつけたほうがいいよね。

マーボ‥お前、ダメダメやんけ、まあ…ジュンコちゃんが尾を引くことのない結末になったのはよかったけど。
こういう時は男のほうが女々しくなる確率高そうだし、年齢的にもしょうがないかー

失恋…とは少し違う悲恋。
僕は歪んでるのか分からないけど、悲恋とかすれ違いの物語はわりと好きなので、ちょっと思うところはありました。

トモってとことんクズだけど、ここまで来るともうあんま気に入らないかも。

目がギラついたヨネくん思いの外キm…あ、自主規制です。

走り屋だというミユキちゃんのお姉さん初対面でも容赦ない毒舌…この人、ちょっとキーかも?

くだらんゲームを考えたトモもあれだけど、自分が楽しめそうと踏んで最初は文句言わなかったくせに、そこで文句言うヨネはなんだかなーって感じしますね。


検索で引っ掛かったおまけ