神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ナニワトモアレ 第6巻

ナニワトモアレ(6) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

ナニワトモアレ 第6巻

・点数 80点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・大阪環状こんばんわ!!
・チ○ポザルの器
・ちょっと飛ばそか
・飛んで北浜180km/h!!
・ゴムでよかった
・ビュンビュンビュン
・話はあとや~~!!
・男前やなトリーズン
・私は反対やね!
・やっぱり私は反対や!!
・雪の中のレター

・感想
環状線レース完全初心者のジュンコちゃん視点から見ることで、公道の走り屋の迷惑さと怖さが分かりますね!
まあ、むやみにぶつけない最低限の気遣いはしてくれてるらしいですが。

180km/hは迷惑この上ないけど、クラゲだった男が本気でテッペン目指してるっていう気概は伝わりました。

そして、こういうのを目の当たりにしたからこそ、ジュンコちゃんのセリフが活きるんですね。
そりゃあ、こんな命懸けの事は自分の恋人にやってほしくないって思うのが当然だと思います。
加害者にも被害者にも成り得ますもんね…

ただし、それと男の夢とプライド、やりたいことは別問題だ。特に若い内は……
うーん、これは難しいですね、モラルとか常識とか置いて考えると、元々の目標を止めるのって生き方そのものを変えろって事だからそう簡単なことじゃないと思うんですよね、後悔しなくない、途中で諦めて将来愚痴愚痴言う自分でありたくないっていうのも真理だと思うんですよ、間違ってるとは言い難い。


関連商品

検索で引っ掛かったおまけ

ザ・ファブル(6) (ヤンマガKCスペシャル)

ザ・ファブル(6) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:南 勝久
  • 発売日: 2016/06/06
  • メディア: コミック