神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

三億円事件奇譚 モンタージュ 第19巻

三億円事件奇譚 モンタージュ(19) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

三億円事件奇譚 モンタージュ 第19巻

・点数 100点++

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ⭐☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐☆☆

・本の概要
・禍副
・常闇
・暗涙
・一葉
・決行
・咆哮
・生存
・母親
・思慕
・終熄
・命脈

・感想
学生運動とか過激派の連中の行動の結果で善良な一市民の命が失われ、活力溢れる若者の心に闇が灯った。
とすれば、理不尽な自分達の境遇を訴えた彼らの行動は自分達の不満をぶつけたいが為に他人の命を奪うことも厭わない…的な?そんなのおかしいよね、今のコロナ渦のストレスを芸能人にぶつけたり、自粛警察ぶって必要以上に攻撃する人達が減らない今の時代とそんなに変わってないですね、直接的なものなら陰湿になったぐらい?

最終巻なので当然かもしれませんが、ついに(この作品内での)三億円強奪事件の真相が明らかになります。
そういうことだったのか~
やはり沢田さんは変わらない、沢田さんのままだ。

最後の展開は怒涛でもあるけど、一気にバーっと読めちゃう熱さありました。
内容はシリアスというか重いんですけど、後味爽やかでスッキリ感がありました。


関連商品